さよならテレゴニー

考えてもいなかった未練のかたまりに気付かされた。燻る感情を持て余す私に、あの人は笑顔で言ったのだ。
「可哀想にね」

「夢みたい」ぼんやり呟く彼女はとろりとした眼に僕を映す。華奢な手が伸ばされ、そっと頬を撫でていく感触がやさしい。胸の奥から込み上げてくる感情の名前が何であるか、僕は知っているけれど。

一縷の可能性すら証明できずに、空白だらけのわたしには呼吸だってままならない。

遠い面影を探してもうまく像が結べずにいる。どうしても、どうしても、忘れてはいけないひとだったと思うのに。

お互いを鏡のように映しあって、相手には希望を映している。知らないことに救われているから、知らないでいることに甘えているから、何を映したのかはきっとこれからも聞けないだろう。

どうしたって救われない僕らにハッピーなエンドは似合わない。幸せの形を指でなぞれば答えは分かるのだろうか。

あなたから継いだものは、きっと遺伝子なんてものよりもずっと強く、わたしを突き動かしていくのだ。

人は死して名を遺す。神は祀られ名を遺す。鬼は、殺して名を遺すというが。

そもそもの間違いに気づいた頃にはもう遅い。

私の意地は一味違うのだ。

会いたい人に会えない真夜中。きっと魔法使いが願いを叶えてくれるよ。

ごまかせない感情は心に押し込めて、ただただ夜を走り抜けた。金色の月だけがわたしを見下ろしていた。好きって気持ちだけじゃどこにも行けないだろって、そんなこと思ってもいなかったんだ。

気づいたところでどうにもならない。気持ちにはしっかりと蓋をして閉じ込めて、わたしは臆病なおとなだ。

否定しつくされた昔々の迷信。 それでも、わたしにとっては信じてもいいと思ったはじめての仮説だった。